TOP > 御手洗団子
 ← 札幌農学校 | TOP | 小沢征爾

リストマーク 御手洗団子 

2006年03月31日 ()
mitarashi年度末のバタバタが続いてましたが、
ようやく一息。
来週はもう4月。何だか銀行も郵便局も役所の窓口も、もちろん道路も混みこみの3月31日でありました。
月替わりで初診料を払うのも馬鹿らしいので、お薬をもらいに病院へ。
風邪はひいてないけれど予防の予防で風邪薬も処方してもらう。
うわー、考えが貧乏くさい。
ちょっと近くの院外処方薬局にレセプトを出して、お薬を処方してもらっている合間に、もう十数年通っている和菓子屋さんへ。
店先で御手洗団子を焼いてもらってパクパク。ふわふわで、甘じょっぱくて、もっちりしていて、まいう~。
御手洗団子はこうでなきゃ。(お手洗い団子と読んじゃいけません!)
そう、ミタラシは、五個団子が付いてなきゃ、ダメなのさ。

御手洗団子ウンチク
「恋せじと みたらし川に せしみそぎ 
     神はうけずも 成りにけるかな」
  伊勢物語
なーんて、昔から詠まれているミタラシ。
京都の下鴨神社に参拝して境内を流れる御手洗川に足を浸け、無病息災を祈る風習があります。この境内で参詣する人をあいてに、お団子屋さんがあります。⇒「加茂みたらしの茶店」
この御手洗(みたらし)という言葉の意味は、神仏を拝む前に手を清め口をすすぐということであります。
その昔、後醍醐天皇が下鴨の御手洗川で水を手で掬ったところ、泡が一つ浮き、少し間をおき四つの泡が浮き上ったそうであります。
その泡にちなんで、一番上にやや大きめの団子を一つ、その下に一回り小ぶりな団子を四つ串に刺したのが御手洗団子の起源なんだそうですよ。
『京都故事物語』と言う本によると一番先の団子は頭を、あとの四つは四肢を表わして、いわゆる「厄除け」としての意味合いもあるそうです。
では、何故本来の5個ではなくて最近は4個が多いのかと言うと、何の本か忘れましたが、この御手洗団子は当時、五粒で五文だったのが、四文銭という貨幣が出来た事から、四粒四文になったという説もありますよ~
え?何ですって?3つ玉もあるよって?
うーーん。これはなんとも、どうしてかな?

上のみたらし団子をゲットしたい人・・・
ヒント:円山市場の近くでーす。
が、一日の生産本数が非常に少ないのであるかどうかは運かもねえ。

一通りお役所を名刺を剣のごとく、パラパラとお役所の名刺置きの箱に置いてきて、これも自己満足なんだけれど。
そうだ、何百人もの人事異動がまた来週があるので、またまたご挨拶に行かなきゃなあ。ふう。
つい夜なべして本を読んでいると、朝までTVを観ちゃっています。
気になるのがレンホウの声。選挙の時からずっとあの声だねえ。
もっと素敵な声だったのに・・・酒焼けした場末のオバちゃんだってもっといい声してるぞ~
辻本のお姉さんもすっかり毒が抜けちゃった感じで、面白味が無くなったなあ。金子先生も竹中大臣にずいぶん差をつけられちゃて何だか亜流ぽくなってしまった。森永氏も本バカ売れで、ますます変な事をしゃべり始めてる。勝谷氏もワイドショウの常連さんだけれど、自己完結型の思い込みがいよいよ激しい男になってきた。
いわゆる彼ら彼女達「有識者」って、人の意見を受けず、自分が自分がと言う人達ばっかりだねえ・・・ったく。
管理人も心を入れ替えて「やっぱり自分が大好きさ」的な人間になろっと。
関連記事
スポンサーサイト
[2006.03.31(Fri) 23:26] スィーツ&パンTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

by ポン太
S様。コメントありがとうございます。
御手洗団子は午後から作るため、三時のおやつにでもどうでしょうか?



コメントを閉じる▲

 ← 札幌農学校 | TOP | 小沢征爾

COMMENT

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2006.04.01(Sat) 11:32] URL | # | EDIT |

S様。コメントありがとうございます。
御手洗団子は午後から作るため、三時のおやつにでもどうでしょうか?


[ 2006.04.01(Sat) 21:47] URL | ポン太 #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://pontablog.blog48.fc2.com/tb.php/88-444b0c3c
 ← 札幌農学校 | TOP | 小沢征爾

カレンダー

天気予報

Twitter(ツイッター)始めました

最近の記事

リンク集

ブログ内検索

最近のコメント

月別アーカイブ

counter

RSSフィード

ポン太の本箱